黒木瞳の娘の宝塚受験結果2017年!不合格・落ちた理由は?髪型ショートボブ

この記事は約14分で読めます。

今回は、黒木瞳さんの娘さんの宝塚受験結果について。

果たして、2017年度の結果は落ちたのでしょうか、合格したのでしょうか?

そこを理由も含めて、お知らせしたいと思います。

また、黒木瞳さんの髪型も気になりますね。

それでは、ごゆっくり~

 

 

黒木瞳さんの旦那って気になりますよね?

実はかの有名な大企業●●にお勤め!

気になる方は以下のリンクをクリック!!

黒木瞳の娘の顔写真画像がブサイク鼻!夫は伊知地俊夫!本名や年齢は?死亡?
今回は、黒木瞳さんの夫である伊知地俊夫さんを取り上げます。 また、黒木瞳さんの娘である伊地知萌子の事件との関わりについても、ご紹介したいと思います。 本名や年齢などの基本情報から、噂レベルのものまで網羅! 黒木瞳さんが死亡...

 

スポンサーリンク

宝塚受験結果2017年!合格?落ちた?

はたして結果はどうなったのでしょうか?

黒木瞳さん、娘さんを宝塚歌劇団に入団したくて今年2017年で3回目の受験でした。

2017年は、黒木瞳さんの娘の萌子さんは現在が18歳で宝塚受験資格がある最後の年でした。

しかし、合格者名簿の中には黒木瞳さんの娘、伊地知萌子(いじち ともこ)さんの名前はありませんでした。

バレエや踊り、音楽と一所懸命勉強させていましたが、今回不合格

黒木瞳さんの落胆ぶりが目に浮かびます。

残念ながら、落ちてしまいました。

また、複数回チャレンジできますが、今回が最後のチャレンジ。

黒木瞳さんはストレート合格しただけに、不服だったでしょう。

自身は、宝塚歌劇団の娘役のトップスターでしたから娘ににも同じ道をを考えるのも親ですから、当たり前です。

今度こそはと臨んだ宝塚受験失敗に終わりましたが、黒木瞳さんにとっては屈辱的なことでした。

同じ女優として、我が娘がなんで不合格なんだろう。

君島十和子さんの娘さんと同じバレエ教室に通っていたのに??

プライドの高いことで有名な黒木瞳さん。

その怒りが、娘にいかないことを祈るばかりです。

親の願い=子供のやりたいことだとは限らないのですから。

 

黒木瞳の娘の宝塚不合格の理由

さて、不合格の理由について考察していきましょう!

また、萌子さんは「ブサイク鼻」といわれているようですが、美人女優である黒木瞳さんの娘としては「普通に」華もオーラもない一般的な…。という感じのようです。

それに加えて、後ほどお伝えしますが、伊地知萌子さんには在学していた青山学院中等部で、同級生女子を男子生徒を使って暴行させたといういじめ事件があります。

宝塚歌劇団側も、その噂を知っていてとても合格には出来なかったのかも知れません。

宝塚受験には、親の七光りコネも通じなかったようですね!

流石宝塚だと思いましたが、黒木瞳さんの娘(長女)の不合格は過去の非行が原因ではとの声が多く出ているようです。

親が超有名人だからといって、お金を積んだからと言って、合格は難しい。

さすが、宝塚!!

黒木瞳さんの娘が起こした、陰湿な事件とは?

そのあまりにも凄惨な事件に、、、

詳しくは、以下のリンクをクリック!!

黒木瞳の娘の事件とは?被害者とその内容・真相・画像は?デビューした?
今回は、黒木瞳の娘の事件とは何なのか、についてご紹介したいと思います。 黒木瞳さんのイメージからは似ても似つかないようなヤバい事件を起こした、黒木瞳の娘。 その事件内容と真相を画像付きでご紹介したいと思います。 また、被害...

 

スポンサーリンク

黒木瞳の娘とバレエ教室

さて、黒木瞳さんの娘は、宝塚受験のためにどのようなトレーニングをしていたのでしょうか?

2014年に合格した君島十和子(きみじまとわこ)さんのお嬢さんとは小さい頃から通っていたバレエ教室でライバル関係だったほどの実力だそうです。

君島十和子さんの長女の娘「優樹(ゆうき)」さんが宝塚歌劇団に合格し、涙を流す姿は女性誌などで話題となりましたね。

そのために様々な努力をしてきたということです。

やはりバレエ教室ってのは、確実ですよね。

そこで一緒だったのが、記します君島十和子さん。

こちらは画像がちゃんとあります。

都内の名門バレエ教室に通って、バレエのトレーニングを積んできたのもその一つですね。

君島十和子さん自身が宝塚の熱狂的なファン(いわゆる「ヅカファン」ですね。)で、娘さんも宝塚に憧れを抱いていまいした。

誰にも負けない宝塚への憧れをもってバレエのトレーニングに励んできたのですが、同じバレエ教室には黒木瞳さんの娘もいたんですよね。

黒木瞳さんといえば、宝塚歌劇団の元月組トップ娘役を務めた大物女優ですよね。

自分が宝塚に所属していましたから、娘にも宝塚に入って欲しいと願ったのでしょう。

そんな思いがあって黒木瞳さんは娘を有名バレエ教室に通わせていたのでしょうね。

黒木瞳さんと川島なお美さんのライバルでも有名ですが、こちらも有名。

自分の娘で争います!!

この戦い、避けられないのかっ?

君島十和子さんと黒木瞳さんの娘が通っていたバレエ教室「松山バレエ団」では年末にバレエの発表会があるのですが、その発表会で二人の母親は激しいバトルを繰り広げていたようです。

年末に開かれる発表会の「くるみ割り人形」の主役は当然一人です。

その主役を巡って争ったんですよね。

「バレエで演技をするのは娘達なのに、母親達が争うってどういうこっちゃい??」

こんなことを思っていたら、二人の母親は「お金」を使ってバトルを繰り広げていたようですよ。

どういうことかと言うと、バレエ教室の発表会は有料で開催されるものなのですが、君島十和子さんと黒木瞳さんはそのチケットを数十万円分も購入してバラまきをしたとのことです。

チケットを数十万円分も購入することで、自分たちの娘が主役に抜擢されるように図ったんですね。

お互い、有名人な上に、お金持ちです。

やることは決まっています。

そう、バラマキ作戦。

もう、政治家みたいですね。選挙みたい。

有名バレエ教室とはいえど、まだプロになっていない子供たちの発表会のチケット代なんて、たかが知れています。

君島十和子さんと黒木瞳さんの二人だけで、いったいどれだけの枚数を購入したんだか・・・。

結局、二人がやり過ぎた感があったせいで、バレエ教室は「くるみ割り人形」の主役を二人にして、それぞれの娘を主役にするという異常事態が発生したとのことです。

バレエ教室内でデッドヒートを繰り広げていた君島十和子さんと黒木瞳さんは、その後犬猿の仲になってしまったとも言われていますね。

悲惨な戦いの末、引き分けでした。

しかし、子供以上に真剣な親たち。。。

なんだか、子供への愛情が置き去りになっているような気がしますね。

 

美容家の君島十和子の長女が宝塚デビュー!!
次女も可愛いし、夫も医者で超優秀~
詳しくはこちらをクリック!!!

 

スポンサーリンク

宝塚受験に合格した理由

さて、合格したものにはエピソードが付き物です。

理由はなんなんでしょうか?

君島十和子さんの長女は2013年に宝塚不合格だったものの、翌年の2014年には合格を果たしています。

26.5倍という倍率を突破したのですが、そのためにやった努力が凄いんですよね。

君島十和子さん自身がモデルや女優をこなしてきた人ですし、現在は化粧品ブランドを立ち上げる経営者でもあります。

現在も美しさキープしていることから分かりますが「美」に関してはかなりこだわりを持っているんですよね。

そんな彼女は自分の持てる力を全て捧げて、娘の宝塚歌劇団合格に力を注いだみたいですね。

宝塚受験で重要な理由を占める、見た目。

先天的な要素が大きいですが、肌艶などは隠しきれませんね。

一緒に美について学びましょう!

まず、食事の管理に力を入れていたということです。

宝塚の試験では化粧が禁止されているため、スッピンで美しいかどうかが見られます。

君島十和子さんは娘に毎朝、抗酸化作用のある人参を中心にした野菜を食べさせ、また、フルーツのスムージーを飲ませていたんですよね。

果物をたくさん食べさせるため、お弁当の中にもフルーツをたっぷり入れていたとのことです。

普通はごはんを入れるスペースに果物を詰め込んでいたみたいですね。

これは朝や昼に果物を多く摂ることで、体に酵素を取り入れることができることを君島十和子さんが知っていたからですね。

夕食も野菜やタンパク質中心の食事で、炭水化物は少なめにしていました。

ここら辺は、女性の読者さんなら詳しいのではないでしょうか。

果物をたっぷり、さらにご飯などは少なめに。

高タンパク質を維持して。

ダイエット方法と同じですね。

スープを作るときにも栄養に気を配っていたみたいで、「成長期の娘と自分が必要とする成分は違う」ということから、別々のも物を用意していたという話もあります。

娘用のスープを自分も飲めば良いものの、自分用のスープをわざわざ用意するところが、「美を追求する女性」という感じがしますね。

君島十和子さんは長女に対してかなり徹底して食事管理をしてきたようですが、身長が伸びるための努力も惜しみませんでした。

娘さんは男役希望だったんですね。

身長を伸ばすためにバレーボールやバスケットボールをやらせていたわけではありません。

娘の身長を伸ばすためにやっていたことは「鍼」と「整体治療」です。

身長は正直、どうにもならない要素でもあります。

しかし、それでも少しの可能性にかけるのが、親というもの。。。

私も160cmの低身長なので、羨ましいですね。。。

「鍼」や「整体治療」で身長って伸びるものなのかはナゾですが、君島十和子さん行きつけの鍼灸整体院に相談して実施していたみたいですよ。

その結果(?)、長女の身長は170cmにまで成長したんですよね。

正直、鍼や整体で身長が伸びるのかは分かりませんが、姿勢やスタイルが良くなるというメリットがあるので、これはこれで通わせて良かったのかな?

ここまで、やると「ちょっとやりすぎでは・・・」なんて思ってしまうのですが、「あの宝塚歌劇団に入るにはここまでやる必要がある」のでしょう。

「食事の管理」や「身長を伸ばす努力」のほか、「ジムに通う」ということもしていました。

美しいプロポーションにするため、トレーニングがキツイと言われているジムに通っていました。

このように君島十和子さんは長女を宝塚歌劇団に合格させるため、日々努力をしてきたみたいですよ。

あらゆる可能性にかけ、努力していたようです。

黒木瞳さんの娘については、詳しい情報は得られるませんでしたが、君島十和子さんと同様に凄まじい努力をされていたと思います。

 

宝塚受験に合格した理由Part2

気になります

「“修造さん、がんばりましたね”って言われるんですけど、ぼくは何もがんばってなくて、がんばったのは娘です。父親としては、娘がやりたいことをどこまで貫くか楽しみにしたい」

あの“日本一熱い男”松岡修造(49才)なので 「やったぞー!」 と飛び跳ねながら大喜びするかと思いきや、意外にも冷静な、愛娘への祝福の言葉だった。

3月30日、受験者数1042人、倍率26.1倍という狭き門をくぐり抜けた宝塚音楽学校第105期の合格者40名が発表された。

その中で一際注目を集めたのが、松岡と元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さん(51才)夫妻の長女・恵さん(17才)だった。

出ました、熱血にして鉄血にして、、、情熱的な男、松岡!

スポーツのイメージですが、ある意味、合っている?

そう、娘さんは宝塚受験に合格していたのです。

「身長169cmのスラリとした体形に、ご両親に似て整った顔立ちとシャープな目元にファンからの期待もすでに膨らんでいます。

がっちり固めたリーゼント姿で合格発表にきたことから男役志望ということは伝わってきますが、上品で美しい容姿に“彼女の娘役を見たい”という声も聞こえてくるほどです。

宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前の世界ですが、恵さんは一発合格でした」

黒木瞳さんと同様に、ストレートの一発合格。

世の中には、才能という天から与えれた能力がありますからね。

さぞや、すごいDNAをお持ちなのでしょう。

松岡家と宝塚の関係は深い。

そもそも、松岡の曾祖父・小林一三は阪急グループの創始者で、宝塚歌劇団の創設者だ。

父親は映画会社・東宝(“東京宝塚”の略)の名誉会長で、母親は宝塚第44期の千波静。

しかも、千波の姉・淳と妹・薫も元タカラジェンヌで、かつて花組トップスターだった蘭寿とむ(41才)は薫の息子の妻。

さらに薫の娘・千波ゆう(現・田中里衣・45才)も宝塚出身。

恵さんは“華麗なる一族”のサラブレッドなのだ。

意外や意外。。。

松岡修造と、宝塚の関係。

ここまで深いとは。

それじゃあ、コネなの?と疑いたくなるのが、世の常というもの。

松岡修造さん、歌って踊っていますが、上手い~!やはりミュージカルの血筋なのでしょうか!

今回、松岡修造さんの娘の恵さんは、一発ストレート合格との事で、大変な話題となっています。

松岡修造さんは、元々、阪急電鉄で宝塚歌劇団の創始者である小林一三(こばやしいちぞう)のひ孫にあたるということも改めて話題となりました。

一部ではコネでは?といわれていますが、松岡恵さんは美男美女の両親に似たスラリとした美形で、宝塚ファンからは「まるでお人形さんみたい!」と言われています。

合格発表には、男役を想わせるリーゼントというヘアスタイルでしたが、その美しさから「娘役も見てみたい!」と、早くもラブコールが送られています。楽しみですね!

コネの可能性も捨てきれませんが、それ以上の才能を持っているみたいですね。

リーゼント姿など、宝塚らしいです。

ダンスや歌などの才能もそうですが、見た目など、ちゃんと優秀なものを受けついでいるのですね。

 

スポンサーリンク

宝塚受験の流れ

一般人には遠い存在の宝塚受験。

どのようなシステムなのでしょうか?

宝塚といえば狭き門で有名ですが、実際の受験の流れってご存知でしょうか?

そもそも宝塚といっても宝塚歌劇団に入団するわけではありません。

その宝塚歌劇団に入るためには宝塚音楽学校を卒業しなければならないことになっていて、そのための受験が話題となっているなんですね。

そして、狭き門と言われるのはその枠。

受験資格は、中学3年から高校3年までの1人4回まで。

( ..)φメモメモ

宝塚受験のために、事前に音楽学校を出ないといけない。

そこへの受験がまずは難問みたいですね。

試験内容は1次が面接で、約300名が通過します。

2次は面接、歌唱、舞踊で約120名が通過。

3次は面接、健康診断で40名が合格します

この枠を争って全国各地から応募者が殺到するわけです。

すごい年だと40倍も募集があったんですよ!

その人気は相変わらずで今でも20倍近い倍率です。

えげつない倍率ですね。

大学の入試試験でも、ここまではいかないですよね。

それだけ人気ということですね。

当然といえば当然なのかもしれませんが、筆記試験のようなものはありません。

試験は1次試験、2次試験、3次試験とあって、1次試験からいきなり面接が!

その面接では、容姿はもちろん、動作や態度、華やかさなど舞台でやっていけるかどうかの判断がなされます。

もちろん面接では化粧は不可です(笑)

その1次試験を通ってようやく2次試験へ。

2次試験は2次面接と歌唱試験、舞踊試験からなります。

ここが宝塚受験の山場ですね。

これに合格するといよいよ3次試験。

こちらで最終的な面接を行い、健康診断で問題がないとわかったら晴れて合格となります。

なんとなくですが、アイドルの面接にも通じるものがありますね。

化粧不可なのは、なんともすごい。

すっぴんがいか程のものか試されるわけですね。

 

宝塚受験に落ちた娘の末路とは…

気になる方は以下のリンクをクリック!!

黒木瞳の娘の現在は慶應大学で帰国?顔写メ2017と名前は?失楽園のラスト
今回は、黒木瞳さんの娘の現在についてチェック! まずは、名前から。 それから、慶応大学のニューヨークにある高校へ留学したらしいですよ~ また、現在の年齢から考えて、帰国しているのではとの噂も! 顔写真や、写メ画像など...

 

話は変わり、黒木瞳さんの髪型について。

スポンサーリンク

黒木瞳の髪型画像 ボブ・ショート

それでは、ご覧ください!

年齢を重ねていくたび、その美しさが際立っている黒木瞳さん。

こんな風にきれいに年を重ねていくことができたらと、憧れてしまいますよね。

こんなきれいな方がアラフィフというのが驚きです。

若い世代の女の子たちからも、「黒木瞳さんのようなお母さんが欲しい」と絶大的な人気です。

そんな黒木瞳さんのきれいな顔を引き立てているショートやボブのヘアスタイルも毎回注目の的ですよね。

そんな憧れの黒木瞳さんのヘアスタイルを集めてみました。

是非参考にしてくださいね。

 

髪型:ロング

女性の憧れ、ロングヘア

眉で揃えた前髪と、ソバージュのような細かいウェーブがかなり印象的な髪型(ヘアスタイル)です。

赤いドレスと黒髪で、妖艶な大人っぽさがあふれていますね。

このふわふわボリューミーなのが、いいですね~

ジュエリーを目立たせるために、デコルテを大胆に見せたドレスと、シンプルにまとめた髪が上品です。

後ろでまとめても良し!

 

髪型:ミディアムヘア

女性にとって、一番参考になる髪型なのでは?

内巻きにワンカールさせたミディアムヘア。

幅広い年代で似合いそうな髪型(ヘアスタイル)ですね。

シンプルでありながら、目を惹く上品さがあります。

顔の輪郭もシュッとして素敵に!

 

髪型:ボブ

ボブスタイルも非常に人気!

モデルで女優の香里奈さんと共演した「リアルクローズ」では、上品なショートボブスタイルでしたね。

トップにボリュームを持たせてセットしている感じでした。

鬼女上司役が、結構ハマっていましたね(笑)

当時は、リアルクローズの黒木瞳さんの髪型みたいにしたい!という人が続出したそうですよ♡

上品な感じが素晴らしいですよね。

 

髪型:ショート

うざったいのは嫌いという方に!

初監督した映画『嫌な女』での黒木瞳さん。

後ろに流すようにまとめたショートヘアが、さっぱりしつつさりげない色気を感じさせます。

大きめのピアスが様になるのも、ショートヘアならでは♪

かっこいい女って感じです。

いいですね~

 

髪型:和服ヘアアレンジ

和服や、喪服にも使える?

思わず「姐さん」と呼んでしまいたくなる、粋な和服姿です。

大人の女性にこそ試してほしいシンプルかつ、不動の髪型(ヘアスタイル)に、真っ赤な髪飾りがアクセントを利かしています。

凛とした雰囲気があって、非常に惹かれます!

コメント